カードローンの仕組み

カードローンとは大きく分けて目的別ローンと使途自由のフリーローンとに分けられます。
目的別ローンとは教育ローンや自動車ローンなどをいいます。
フリーローンは名前の通り、何に使っても良いお金になります。

目的別ローンと比べるとフリーローンの方が、何にでも使える反面、金利は高く設定されているようです。
融資は保証人の必要のない無担保で受けることができますが、一部では、担保を必要とするところもあるようです。

カードローンの契約ですので、融資を受ける際には個人の属性や信用情報を調べられます。
その際に毎月の他のローンの返済に遅延がないか、過去に金融事故などがないかの審査があります。
スマホなどの料金の支払いもローン扱いになるので、遅延があると融資を受けるのが難しくなります。
仕事をしている方であれば、毎月の決まった収入があれば、融資を受けることができますが、収入がない場合は融資を受けることは難しいでしょう。

カードローンは融資を受ける際に利用者個々に利用限度額を決められます。
利用限度額の範囲内であれば、何度でもいつでもお金を借りることができます。
返済に際しては、毎月決まった額、例えば1万円などを月々返済していく「残高スライド定額リボルビング方式」が一般的です。
また毎月返済を続けていれば、いつでも借入れすることができます。
また、返済の実績を積んでいくと、カードローンの使用できる額を増資してくれる場合があります。


~管理人推奨サイト~
無担保で、かつ無利息で借りれるカードローンを提供しているレイクのサイトです・・・無利息カードローン